整骨院併設のつらい痛み専門院 捻挫・肉離れ・成長痛・ぎっくり腰が最短一回でスッキリ!交通事故施術も任せて安心。

ひざの痛み(変形性膝関節症)

  • HOME »
  • ひざの痛み(変形性膝関節症)

ひざ痛(変形性膝関節症)

ひざが痛くて来院される方の多くは、40代以降の女性です。

ほとんどの方が、

「ひざの内側が痛い」

「座ってから立ち上がると痛い」

「1歩目が痛い」

「歩いているとマシになる」

とおっしゃいます。

そして、ひざが痛くなった特別な原因がない方ばかり。

「以前にも痛くなったことはありますか?」

と質問すると、

「痛くなったことはあるけど、治った」

とおっしゃいます。

実は、そのひざ治っていません。

ひざの変形の進行が休止し、一時的に痛みが治まっていただけです。

そのひざの痛みは、「変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」です。

人間は、二十歳を超えると一年に1%づつ筋力が低下すると言われています。

年齢により太ももの筋肉が弱ったことが原因で、ひざが痛くなったのです。

どのように痛くなっていったのでしょうか?

まず、太ももの筋力が低下すると、ひざの安定性が悪くなります。

安定性が悪いために、ひざの関節は色々な動作で衝突します。

そして、繰り返される衝撃によって、段々と変形していきます。

水が溜まったり、骨のとげ(骨棘)ができたりします。

そして、不安定性になってしまったことで、筋膜の異常が発生します。

筋膜の異常が起こると、痛みを感じます。

転んでから痛くなったという方も、転んだことはキッカケにすぎません。

太ももの筋力が低下していたベースがあり、痛みの花が開いたのです。

ただし、筋膜の異常が症候的でなくなると、痛みは治まります。

そして、忘れた頃に、ちょっとしたキッカケで、また痛くなります。

それを繰り返し、徐々に痛い期間が長く、痛くない期間が短くなります。

ひざも、どんどん変形していきます。

そうなると、動く度に痛くなり、手術を受けるしかなくなります。

では、どうすればいいのか?

まず、筋膜の異常を修理します。

修理して動けるようになった後、太ももの筋力を強化します。

太ももの筋力が強化できれば、ひざは安定し、痛みを感じなくなります。

「変形して痛いのに、筋トレなんかして大丈夫?」

週1~2回、短時間の安全で効率的な筋トレです。

当院では、ひざが痛かった90歳の男性が、最初は自分の体重から始め、

次第に重さを増やし、20キロの重りでスクワットできるようになると、

段々と痛みなく、動けるようになりました。

変形したひざは、レントゲン上では一切変化していません。

ですが、痛みは変わりました。

「有名な病院でも、そんなリハビリしない!!」

「もっとやさしく動かしてくれる!!」

だから、みんな手術するのかもしれませんよ。

努力をすれば、あなたのひざの痛みも変わります。

当院では、まずファッシャル・ディストーション・モデル(以下、FDM)

という手技療法で動けるようにした後、スクワットを行います。

筋肉は、年齢に関係なく強化されます。

・子供の世話になりたくない

・歩けなくなるかもと不安

・畑仕事を続けたい

そんな方は、お気軽にご相談ください。

当院では、変形性膝関節症の痛みを改善する約3ヵ月のプログラムを行っています。

一緒に頑張って筋力強化し、歩いても痛くない、階段を登っても痛くないひざを手に入れましょう。

何度も言いますが、大腿四頭筋(太もも)の筋力が低下し、

ひざが不安定になったことが原因です。

どこか他が原因で、痛くなったのではありません。

足首の動きや、バランス(骨盤)、ひざ周辺のねじれなどは、二次的な結果にすぎません。

筋力が低下したことで、ねじれたり、バランスが悪くなっているだけです。

二次的な変化をいくら改善しても、一次的な筋力低下を何とかしなければ、変わりません。

年齢に関係なく、筋力は向上します。

変わろうとする前向きな気持ちが、筋トレには非常に重要です。

電気やマッサージなど気持ちいい慰安行為は、一時的な緩和にすぎません。

それでも注射を打ちながら、こんなもんかと諦めがついた頃に手術しますか?

「いつやるの?」

「今でしょ!!」

PAGETOP